赤ちゃん

ベビー用の布団が人気|赤ちゃんを想うなら

赤ちゃんの栄養補給の方法

親子

衛生管理に気を付けること

哺乳瓶は、赤ちゃんが栄養を摂るために欠かせないアイテムの一つになります。赤ちゃんを母乳で育てる人も多いですが、仕事があったり都合がつかなくて毎日毎回同じように母乳を与えることが出来ない場合もあります。そんな時に哺乳瓶があれば、ミルクを作って母親が居ない時でも栄養補給が出来ます。哺乳瓶は、人によっては毎日使うものでもあるので衛生管理には十分気を付ける必要があります。哺乳瓶の材質に合わせて、洗剤を使いながらスポンジやナイロンで綺麗に洗うことが大切です。また、洗剤でただ汚れを洗い流すだけでなくつけ置き消毒や煮沸消毒なども行ってしっかりと殺菌することで赤ちゃんの健康を維持することにつながると言えます。

材質によって使い分ける

哺乳瓶にはそれぞれいくつか材質があり、より赤ちゃんが飲みやすいと感じるものを選ぶ必要があります。瓶自体はガラスかプラスチックのものになりますが、ガラスは劣化しにくい分重く割れやすいため外出向きではなく家で飲む時などに使うと良いと言えます。一方、プラスチックのものは劣化しやすく汚れやニオイがつきやすいですが軽くて持ち運びに良いので外出向きです。また、吸い穴の大きさや形もバリエーションがあり丸穴タイプや切れ込みが入ったものなどがあります。丸穴のものは、一般的なタイプで生後すぐに使えますが切れ込みが入ったものはミルクの量を赤ちゃんが自分で調節できるので生後2か月経ってから使うようにすると良いと言われています。